人形供養祭


さて、人形供養と申しますのは、諸家の護符、御守、並びに愛玩の

人形、ぬいぐるみ等を供養し、永年の施主の情に報いる為に、御精根抜き、

お焚き上げの法会を行う事を申します。

想えば、森羅万象一つとして法身の顕現でないものはなく、悉く、

皆、仏性を有し、不用にして無縁のものは一切ありません。

山川水木、生類、愛玩の具もすべて相互に縁を持ち、今世に存在しております。

そして、施主が永年そそがれた情は、意念を在しています。

よって我が法門は一木一草に到る迄、成仏の儀をたて、供養を行っております。

そこで、この度当院において御精根抜き、お焚き上げのほうによって、

抜魂、抜念し、これら人形達が大日法界の座に現座し、安らかに眠ることを願って、

次の通り人形供養を厳修することとなりました。

   ◆日 時  2009年 2月 3日 (火) 午前11時

   ◆場 所 当院三心殿(本尊 金色不動明王)

   ◆供養料 3体まで5,000円(30cm未満)
        30cm以上は1体5,000円

人形をお持ちの方のご来院をお待ちしております。

遠方の方、その他持参できない方は宅配便などでお送り下さい。
その他分からない事がございましたら、お電話・メールにてお問い合わせ下さい。

メールお問い合わせ
送り先
総本山 圓満院門跡
〒520-0036 滋賀県 大津市園城寺町33
人形供養係
TEL 077-522-3690