総本山圓満院門跡
お問合せ
重要文化財「宸殿」と名勝史跡指定「三井の名庭」
ホーム>圓満院について
圓満院について
 圓満院は、寛和三年(987年)創立村上天皇の第三皇子悟円親王の開基です。三井三門跡の一つであり、開基当時は平等院と号した。藤原道長が宇治に建てた別荘をその子藤原頼道の時代に寺院とするべく下命があり、平等院(後の圓満院)の明尊大僧正によって完成、悟円親王の子永円親王を初代院主として三井平等院の名前を宇治に譲り、現在の宇治平等院の初めとなった。一方三井平等院は明尊大僧正によって圓満院と命名され悟円親王をはじめとして歴代皇族の入室する門跡寺院となりましたが、室町時代後期まで圓満院は三井平等院と通称されました。
 明治11年に明治天皇、明治13年と45年に当時東宮でいらっしゃった大正天皇が行幸された由緒ある門跡寺院です。
門跡寺院とは
 「門跡」の起源は、宇多法皇が仁和寺に入室したことに始まるとされています。
皇族や摂関家などの子弟が出家した僧房では、各門流を各々継承することになり、「門跡」とは、皇族その他の出身者によって相承される特定の寺院を指す称号へと変化しました。そのため、今日、「門跡寺院」と称するのは、こういったやんごとなき方々によって相承された特定の寺院を指すようになりました。現在全国に17ヶ寺あります。
>>門跡寺院詳細
秘仏金色不動尊
秘仏金色不動尊
 当院は、近畿三十六不動霊場 第二十五番霊場に選定されております。本尊の「秘仏金色不動尊」は、運を開き願いをかなえる不思議なお力のある不動明王として信仰を集め、毎月28日の「お不動さんの日」には、善男善女が願文を記した護摩木が積み上げられ、護摩供が厳修されます。護摩供が終わると、「不動粥」がふるまわれます。
 また毎年1月28日には、千年の伝統をもつ当院最重要法儀「新春法力初護摩」の日です。天皇・皇后両陛下のご健勝と鎮護国家を祈念して開白、その後祈願お申込の方々の願いを法門の僧、僧出仕で祈念致します。
ページトップ↑

総本山 圓満院門跡
〒520-0036 滋賀県大津市園城寺町33番地
TEL 077-522-3690 FAX 077-522-3150